Entame Plex-エンタメプレックス-

ダレノガレ明美、芸人の“モテ部屋”にドン引き!?


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は26日、ABEMA SPECIALチャンネルにて、お笑いコンビ・ニューヨークがMCを務める、“オトコ”と“オンナ”のリアルを射抜く恋愛バラエティ番組『ニューヨーク恋愛市場(れんあいしじょう)』の#26を放送した。

この日の放送では、モデルでタレントのダレノガレ明美、お笑いコンビ・そいつどいつをスタジオゲストに迎え、女子ウケ間違いなしのモテ部屋だと豪語するお笑いコンビ・クロスバー直撃の渡邊孝平、コマンダンテの石井輝明、きつねの大津広次ら3名の家を“初めて遊びに行った女性目線”で巡り、モテ部屋に秘められたポイントをチェックする企画「思わずお泊まりしたくなるモテ部屋王」をお届け。

番組では早速、石井の“モテ部屋”をチェック。白を基調とした内装に、木製の家具が置かれた清潔感のある石井の部屋に、ニューヨークの屋敷裕政は「これ1位やろ!」と、嶋佐和也からも「素敵!」と早くも称賛の声が上がった。

そんな中、カフェ巡りが趣味だという石井は「国内外で1200軒以上行ってきた。そういうオシャレなカフェをたくさん見てきた経験で、いいと思うモノをギュッと集めた部屋」と語り、大好きなコーヒーでおもてなしも。“馬喰町の週に1回だけ開く古い家具屋”で購入したというテーブルや、実家から持ってきたというレコードプレーヤーなど、センスの良さが光る爽やかな空間に、スタジオの芸人たちが「オシャレー!」と見守る一方、ダレノガレは「でもちょっと緊張しちゃうな、この家行くの」と、率直な感想を口にした。

また、「高い家具を買うお金を持ってなかったので、だったら自分で作っちゃえば低予算で思うままのデザインを作れる。どんどんハマって作った」と語る渡邊の“モテ部屋”は、アメリカンヴィンテージ調で全体がまとめられ、壁にウォールステッカーを貼ったり、ネオン管の手作りライトを飾ったりと、随所にこだわりとDIYのアイデアを感じさせる暖かみのある空間に。さらには手作りのアップルパイでおもてなしをするなど、器用さとまめさを存分に感じさせる渡邊に、一同は終始「すごいな」と驚きの声を漏らした。

そして、最後に登場した大津は、モノトーンでまとめられたモダンな雰囲気の“モテ部屋”を披露。大津さんは、おもてなしとしてチョコレートを出すと、「カカオ75%やから太らへん。結構苦いけど、ポリフェノールが多いから抗酸化作用もあって…」と話しはじめ、さらには「意識して摂るようにしてる」と、“ヘム鉄”“亜鉛”などのサプリメントを取り出し、「肌がキレイになる」と語るなど、美容や健康への関心の高さも見せつけた。また、お香やルームフレグランスで部屋によって香りを分け、お風呂場には“ゆらぎ機能”付きのキャンドルライトを設置、洗面所には豊富なラインナップの化粧品が並べられたりと、意識の高さを発揮した大津。しかし、その後明かされた“カカオ75%”のチョコレートとサプリメントの秘密に、一同驚愕。

ダレノガレさんは「サイテー!」とドン引きで…?3組すべてのVTRを見届け、屋敷が「見応えあったな~!レベルが違いました」とコメントしたが、ダレノガレは「大津さんの部屋は私が一番嫌いな感じのポイントが多すぎた」「女の子が使いそうなものがたくさんあった」と複雑な表情を浮かべた。そんなダレノガレが3人の部屋から“No.1モテ部屋”決定!初代“モテ部屋王”に選ばれたのは一体誰の部屋だったのか!?

番組ではさらに、別セットに用意された韓国ドラマっぽい設定で嶋佐、屋敷、そいつどいつの市川刺身と松本竹馬の4人が1人ずつ、お題に沿った演技で女子をキュンとさせることができるかにチャレンジする企画「韓国ドラマのようにキュンとさせろ!」も実施。自身も韓流ドラマが大好きだというダレノガレが、それぞれの演技を見て、キュンとしたかどうか、判定役を務めたが…?屋敷が「むちゃくちゃむずいやんけ!」と嘆くほどに芸人全員が大苦戦!ダレノガレの辛辣コメントがさく裂した本企画も必見。気になる本放送の模様は、放送後7日間、無料で見逃し視聴が可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
ニューヨーク嶋佐、相方のファーストキス話に「キツイ」
http://www.entameplex.com/archives/68354

ニューヨーク嶋佐が相方の彼女に遭遇したときの衝撃とは
http://www.entameplex.com/archives/67972

ニューヨーク、休井美郷の飲み会でのあざとい発言に悶絶
http://www.entameplex.com/archives/67828