Entame Plex-エンタメプレックス-

ピース:綾部、ノンスタ:井上がV3、「よしもと男前ブサイクランキング」が発表


吉本興業に所属する数多くのお笑い芸人の中から、男前&べっぴんとブサイク&ぶちゃいくナンバーワンを決める「よしもと男前ブサイクランキング」。その2014年度の発表会が本日17日、渋谷無限大ホールにて行われた。

今年で15回目となる本企画、“男前”部門では一昨年、昨年に続きピース:綾部祐二が1位に。そして“ブサイク”部門でも同じく3年連続でNON STYLE:井上裕介が王者となり、ともに殿堂入りを果たした。

会場では、1位&殿堂入りにあたって綾部が素直に喜びのコメントを述べると、まわりからは熟女&各界ネタでいじられ放題。すると綾部も「もう2年半前の出来事だし、やめてもらえますか」と反論しつつも、ウーマン:村本らがいじり倒し会場の笑いを誘った。男前部門では2位にパンサー:向井慧、3位にベイビーギャング:北見寛明、4位にウーマンラッシュアワー:村本大輔、5位にはロザン:菅広文が選ばれたが、なかでも北見は去年16位から今年は3位へと躍進し、向井やチャンピオンの綾部も“ついにヤバい奴が現れた”とライバル視するコメントも。
また、女性芸人による “べっぴん”部門では、最近では読者モデルもしているスパイクの小川暖奈が初の1位を獲得した。

一方で“ブサイク”部門では、2位のジャングルポケットの斉藤慎二と2000票以上の差を付け、ダントツの1位となった井上は「人生の貴重な時間の中で、僕の名前を書いてくれた。僕のことを思い浮かべてくれただけでも僕は愛されている。やっぱり日本が僕を求めているんだと思う」とのポジティブ過ぎるコメントに、会場からはため息と笑いの声が。“ぶちゃいく”部門では2位に箕輪はるか、1位に近藤春菜とハリセンボンがワンツーフィニッシュ。近藤は昨年に続いての1位獲得に「(今回のランキングが紹介されている)ムック本が売れなければいい。そしたら来年はランキングもなくなるので」とコメントしつつ、箕輪も「人の顔でひと騒ぎしようという根性がイヤ」とランキングに対して不満をぶつけていた。

その他、特別賞として“理想の男前なパパ1位”ガレッジセールのゴリが、Simplog特別賞にはウーマンラッシュアワーの村本が選ばれた。

「よしもと男前ブサイクランキング2014」のすべての結果は、本日発売のムック本にて発表されている。

<関連サイト>
吉本興業 http://www.yoshimoto.co.jp
よしもと芸人、男前ブサイクグランプリが1冊の本に http://www.entameplex.com/archives/6975