Entame Plex-エンタメプレックス-

岡田将生×染谷将太、映画「ストクロ」公開直前インタビュー!


6月27日(土)より全国公開となる映画「ストレイヤーズ・クロニクル」。本作は、ベストセラー作家・本多孝好氏が手がけた同名の新感覚アクション巨編小説を映画化。ある極秘機関によって生み出された“進化した”“2組の特殊能力者たちが宿命によって引き合わされ、希望を未来につなごうとする者たちと絶望的な未来を破壊しようとする者たちとの壮絶な戦いと、能力者ゆえの葛藤や仲間との絆といった人間ドラマを濃密に描いた物語。

そんな本作で、本格アクションに初挑戦した主演の岡田将生、そして彼と対峙する役どころを演じた染谷将太の2人に、いろいろと話を聞いた。プライベートでも親交があるという2人だけに終始笑いの絶えない、作品のイメージとは真逆の和気あいあいとした様子が垣間見える内容に。

──『アントキノイノチ』以来、3年ぶりの共演となりましたが、今回まったく違うジャンルの映画でふたたび共演してみていかがでしたか?

岡田「将太の出ている作品はよく観ていましたし、そもそも昔から知っている間柄なので、ずっとまた一緒に仕事がしたいなぁと思っていたんです」

染谷「岡田くんが瀬々さんと新作をやるっていうのは前々から聞いていたんです。で、たまたま瀬々監督と岡田くんと3人で飲んでいたときに、岡田くんが『将太も出てよ』って言ってくれたんですけど、僕としては『呼ばれなきゃ出れねーよ』って(笑)。それからけっこう月日が経って、改めてオファーをいただいた。それはもう絶対にやる! と思って引き受けました。僕も、嬉しかったですね」

岡田「でも、僕が将太を推したからというわけではなくて、瀬々監督も将太にあの役をやって欲しかったんだと思います。何より、また一緒に仕事ができるというのは本当に嬉しかったです」

──もう一度一緒に仕事がしてみたいと思う、お互いの俳優としての魅力は?
岡田「だってもう、将太は若手俳優のなかで群を抜いてる俳優じゃないですか」

染谷「……何のことですか(笑)」

岡田「ほんと、尊敬してるんです。最初に出会ったのは、たしか僕が18歳で将太が14歳のとき。その当時から将太はお芝居が巧くて素敵で」

染谷「(照れくさそうに)岡田くんはとても素直にお芝居をする人なんですよね。その素直さがいいなって思っていて。素直に悩んだり素直に“いい”と思ったり……それって、裏を返せばちゃんと自分のなかでジャッジができているということじゃないですか。それは自分にはないので、いいなって。だから一緒に演じているとすごく安心できるんです。こっちの芝居を引き出してもくれるし、素敵な岡田くんも見られるし、そしてみんなハッピーというか(笑)」

──(笑)。お2人が演じた昴と学はそれぞれチームをひっぱるリーダーでした。リーダーとしての役作りや現場での様子はいかがでした?
岡田「撮影がスタートした時はまだ将太のチームアゲハとは会っていなくて、チームスバルだけで撮影をしていたんです。チームのメンバーは昔から一緒に育ってきた兄弟のような存在、ふだんからコミュニケーションをとって仲良くしようという感じはありました。ただ、僕自身は一番上、兄とかリーダーとかそういう立ち位置の役を演じたことがなくてずっと甘えて育ってきたので(笑)、今回は甘えるところがなくてしんどかったです……って、そんなこと言っちゃダメですよね(苦笑)」

染谷「そういうところが岡田くんの良さなのでいいんですよ(笑)。そんな岡田くんだからチームスバルはほんとにみんな仲が良くて、ちゃんとチームがまとまっていました。撮影の合間にはご飯に行ったりとかもしていたそうなんですけど、一方チームアゲハは集まっても一言も会話がなくて(苦笑)。両方を見ているスタッフの方が、昴チームとチームアゲハはすごく対照的だって言ってました。で、チームアゲハが一言もしゃべらないのは僕の人間性を現しているというか、染谷のせいだとも言われていましたね(笑)」

──それは、敵であるとか何かそういった意図があってのことなんですよね?
染谷「いや、それがまったくそうじゃないんです(苦笑)」

岡田「本気で僕に相談してきましたからね。俺、こんなふうに言われているんだけど、どうしたらいいかなって(笑)」

──それで岡田さんは何てアドバイスしたんですか?
岡田「(いたずらっぽい言い方で)何も(笑)。ただ、チームアゲハとしては役柄や設定的にもそういう緊張感があるっていうのは、とてもいいことだと思ったんです。僕自身も彼らと対峙したときにはしゃべることがなかったので、ああ、(将太が言っていたのは)こういう感じなのかと。チームスバルとはぜんぜん違うチームアゲハのその雰囲気が、逆にいいなって思えたんですよね」

染谷「そして、チームアゲハ同士ではしゃべらないのに、役柄で敵のリーダー同士の僕と岡田くんが一番現場でしゃべっているというね(笑)」

──本当にお2人、仲がいいんですね。先ほど岡田さんは甘えられなかったと言っていましたが、染谷さんは岡田さんに甘えられましたか?
岡田「将太が甘えるわけないじゃないですか」

染谷「甘えて……ましたよ(笑)」

岡田「(笑)こういう時だけズルいよね。だって、将太は俺のこと先輩とも何とも思ってないですからね」

染谷「思ってますって(笑)」

岡田「ボートで撮影した日のことなんですけど、将太が『まーくんだったらこのタイミングで落っこちる(役目)でしょ』ってバカにしてた矢先、落ちはしないけど水が僕にかかったんです。それがすっごく臭くて……」

染谷「岡田くんだけ水がバーッってかかって。みんなにはかからないのにさすがだなぁって思って。そんなところが大好きなんです(笑)」

──映画のなかではピリピリとした対峙シーンが多かったので、撮影裏にそんなほんわかエピソードがあったとは意外です。共演してお互いにどんな刺激を受けました?
染谷「基本、2人が対峙するシーンってアクションシーンだったりするんですけど、みんなが激しいアクションをしてハァハァ息があがっていても、僕だけ息あがってなくて(苦笑)」

岡田「だね(笑)。チームアゲハと対峙するシーンはどのシーンも刺激的で、将太がチームのみんなのお芝居をひっぱっている姿を見て、僕自身も感化されて、もっと頑張んなきゃなって思いましたね」

染谷「岡田くんの体術をつかったアクションとか、ほんと格好良かったですね。印象深いのは初めて学が昴と対峙したシーンを撮ったとき。そのシーンでなんかこう“ハッ”としたんです。初めて自分の対照となるキャラクターが見えた瞬間でもあって、気が引き締まるというか。すごく想い出に残っているシーンです」

──瀬々監督とはそれぞれ何度かタッグを組んでいますよね。知っているからこそのプレッシャー、成長を見せたいというプレッシャーはありましたか?
染谷「緊張はしないけれど、飲んでいるときと撮影現場とではやっぱり全然違いますね。現場で瀬々さんのスイッチが入るとこっちも高揚してきて。すごいなと思ったのは、岡田くんはどんなときもわりとフラットにそこに居るんです」

岡田「いや、すごく緊張しているんですよ。緊張のなかでもフラットでいるようにはしていますけど……。でも、将太の言うとおり監督の現場での熱量ってすごいんです。ああ、いまスイッチが入ったな、というのがすごく分かりやすく伝わってくるので、自然とこっちも火が付くんです」

──そんな熱量のある現場で、これは大変だったなぁというシーンをひとつ挙げるとしたら?
岡田「どこだろう……けっこうむちゃぶりされることは多かったんですけど、大変だったというか悲しかったのは、完成した映画を観たらむちゃぶりされたシーンが丸々カットされてて。あんだけ熱く俺に語って、しかも監督自身が一番喜んでいたはずのシーンなのに使われていなかったんですよね。たしか初日のシーンで、ここそんなに大事なシーンなのかってくらいテイクを重ねてて……」

──きっと初日のウォーミングアップだったとか?
染谷「まぁ、丸々カットはよくあること。仕方ないですね(笑)」

岡田「そうだね(笑)」

染谷「岡田くんたちは本格的アクションに挑戦しなくちゃならなくて大変だったと思うんですけど、僕は車イスだったので体力的にはぜんぜん大変じゃなくて。申し訳ないくらい……。大変だったシーンは、以前、瀬々さんと仕事をご一緒したときに、とても大事なシーンで『染谷、天使になってくれ』っておっしゃったんですね。で、今回の大事なシーンでは『染谷、悪魔から天使になってくれ』って言うんです。なんか聞き覚えのある演出だなーと思いつつも(笑)、でも悪魔から天使というのは本当にふさわしい言葉で、監督のその言葉を大事にしながらそのシーンを演じました。大変だったというより、頑張ったシーンですね」

岡田「そんな瀬々監督の熱い演出があるからこそ、現場では、ただ『いいものを作ろう!』という気持ちになれた。正直、プレッシャーがなかったわけじゃないけれど、その強い思いが大きかったからこそ挑戦できました」

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」は、6月27日(土)新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー。

© 本多孝好/集英社 © 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

<関連サイト>
「ストレイヤーズ・クロニクル」 http://www.strayers-chronicle.jp
【独占】岡田将生×染谷将太による激しいバトルの結末は……映画「ストクロ」第三弾TVスポットが先行到着! http://www.entameplex.com/archives/21286