Entame Plex-エンタメプレックス-

我が家は大丈夫!? 遺産相続で約3割の人がトラブルに発展


ある日突然、家族や親戚間で誰でも巻き込まれる可能性がある遺産相続問題。一体、どれくらいの人たちが相続のトラブルを経験し、どのようなトラブルが実際に起こっているのか――。親戚や友人、あるいは仲の良い家族であっても、あまり突っ込んで聞きにくい遺産相続の話題。そこで今回、遺産相続調査委員会が、遺産の相続を経験したことがある人を対象に、遺産相続に関するアンケート調査を実施した。

まず、遺産相続が上手くいったかどうかを質問したところ、スムーズに行えたという人は全体の約7割ほど。つまり約3割の人が、遺産相続の際に何かしらの不都合を感じたということが言える。中には「大きな問題が生じて大変だったが、手続きを終えた」「問題が生じてまだ手続きを終えられていない」といった声も挙がっていることが分かった。

では、実際にどのような問題が生じたのか聞いたところ、「遺産分割の話し合い・協議」が最も多く、続いて「不動産・金融機関等の相続手続き」という結果に。一方、相続税において問題が生じたケースは、わずか15%だった。つまり、この結果から、問題が起きているのは相続税が生じるような大きな遺産相続のケースではなく、むしろそうでないケースで多く見られるようで、実際、今回の調査でも相続金額1000万円以下という回答が50%以上に上った。

こうした相続問題が起きる原因のひとつとして考えられるのが、事前に相続に対する備えをする人が少ないこと。今回の調査でも約7割の人が、「時期が早い」「家族の仲が良いので問題ない」「話しにくい話題である」といった様々な理由で、相続の話を避けていることが要因のひとつであることが分かった。

では、相続トラブルを防ぐために、予めどのような準備を進めるべきなのか――。遺言信託や教育資金贈与信託など、信託を活用した相続に関する相談を日本全国の支店で数多く受けている「りそな銀行」の遺言サポートオフィス:曽我氏に話を聞いてみたところ、「相続トラブルは、総資産5,000万円以下の方に最も多いと、過去の統計で出ておりますが、その反面『うちには財産が少ないので、自分には関係ないですよ』とおっしゃる方も多数いらっしゃいます。しかし、いざ相続が発生すると、資産の大小にかかわらず、相続の内容や配分によってのトラブルが多いことも事実です。円満な相続を実現するためには、生前のご家族との話し合いや専門家への相談など、準備すべき事は沢山あるのに、実際にはご準備されるケースが少ないことがとても残念です。銀行は、相続対策については長年の経験とノウハウを持ち、第三者の立場でアドバイスが出来ることもございますので、お気軽に相談して頂きたいです」とのコメント。

普段、「話すきっかけがない」「話しにくい」といった理由から多くの人が敬遠しがちなだけに、いざ自身が遺産相続問題に直面した際にトラブルに発展しないためにも、今、話題の教育資金贈与信託などの生前贈与の話題などをきっかけに、将来の相続問題について話し合いをしてみては?

<関連サイト>
嫁姑問題の悩みもこれで解消!? 近年注目を集めている“二世帯近居”とは? http://www.entameplex.com/archives/20512