Entame Plex-エンタメプレックス-

鈴木奈々、子作りに意欲「もっとダンナさんとラブラブになりたい!」


10月28日、都内にて住友生命「Risky Spot(リスキースポット)」PR発表会が行われた。

この発表会は、9月25日より住友生命保険相互会社が発売した新商品「1UP(ワンアップ)」のPRイベント「Risky Spot」のオープンを記念したものだ。

「Risky Spot」は10月30日から11月1日まで、東京メトロ丸ノ内線新宿駅のメトロプロムナードにて開催。日々周りに潜む“リスク”をヘッドマウントディスプレイを使用してヴァーチャルリアル体験でき、保険の大切さを訴えかける。

発表会では、お笑い芸人のとにかく明るい安村とモデルでタレントの鈴木奈々が登壇し、アトラクションを体験した。リスク体験映像は最初、「1UP」の新CMが流れるが、突然映像が乱れて無数のドローンや恐竜が襲いかかってくるというものだ。

鈴木はヘッドマウントディスプレイが初体験だったのか、なぜかCMの時点で絶叫。本編が始まると鈴木は「ヤダヤダ! なになに! 助けて!! 来ないで!」と、とうとう尻もちをついてしまう事態となり、その動きに会場は大爆笑。

鈴木は「すごい!もっとたくさんの人に体験してほしい!」と初のバーチャル体験に大興奮の様子だった。

一方、安村は自身の持ちネタである「裸に見えるポーズ」の決めゼリフ「安心してください、はいてますよ!」にかけて、「1UP」のマークが入ったパンツを指差し「安心してください、(1UP)に入ってますよ!」と笑いを誘い、発表会中盤には、安村が「リスクを回避する全裸ポーズ」を披露。安村は恐竜から逃げて押し入れに隠れるジェスチャーをしたあと、体育座りでブリーフを隠した。

「1UP」は「働けなくなるリスクを回避する」ことをテーマと掲げており、多忙な安村は「最近、腰とヒザがヤバいんですよ。(ヒザは)サポーターしなきゃいけないほどなんですけど、それじゃプロレスラーみたいになっちゃう」と悩みを明かした。また、今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の選定が近づいていることに話がおよぶと、鈴木は安村の「はいてますよ」が流行語を取れそうだと予想。鈴木によると、甥っ子や姪っ子が安村のマネをしているという。

「絶対に取れますよ!」と大声でエールを送る鈴木に、安村は「本当ですか?獲りたいです!」と意欲を見せた。しかし、流行語大賞を獲った芸人が“テレビから消える”ジンクスに安村は怯えているようだ。

最後に「1UPしていきたいこと」を聞かれ、鈴木は「もっとダンナさんとラブラブになりたい!」と返答した。今年の夏ごろ、鈴木はバラエティ番組の収録が忙しかったため、茨城県の自宅に帰るのが深夜帯になることが多く、夫と別室で寝るケースが多かったそうだ。鈴木は、親友のモデル:小森純が妊娠6ヶ月なのを見て「私も子ども欲しいって思った」とコメント。安村も第2子を望んでいるようで、ふたりの「1UP」は、「子ども」がキーワードとなるようだ。

<関連サイト>
住友生命「1UP(ワンアップ)」 http://1up.sumitomolife.co.jp/
瑛太が自身の“人気のなさ”に不満?「僕だけ人気って言葉がない…」 http://www.entameplex.com/archives/24246