Entame Plex-エンタメプレックス-

山﨑賢人「今までにないお芝居に挑戦できた」


麻生周一原作の漫画を福田雄一監督が実写化する映画『斉木楠雄のΨ難』。主人公の斉木楠雄役を山﨑賢人が演じることがすでに発表されていたが、このたび出演キャスト陣が解禁となった。さらに、彼らが役に扮する最新ビジュアルが公開された。

斉木に想いを寄せる照橋心美(てるはしここみ)役に山﨑と初共演となる橋本環奈。斉木の相棒を自称するバカの燃堂力(ねんどうりき)に新井浩文。闇の組織と戦っている設定の中二病の海藤瞬(かいとうしゅん)に吉沢亮。熱血の学級委員長の灰呂杵志(ハイロキネシ)に笠原秀幸。見た目は真面目だけど元ヤンの窪谷須亜蓮(くぼやすあれん)に賀来賢人。騒動を巻き起こしがちの大人気イリュージョニスト蝶野雨緑(ちょうのうりょく)にムロツヨシ。ちょっとエロい校長神田品助(かんだぴんすけ)に佐藤二朗。今を時めく最旬キャストから超実力派、そして福田組の常連キャストまでが揃った豪華キャスト陣が、一筋縄ではいかないアクの強いキャラクターを圧倒的な再現度で演じる。

斉木楠雄のピンクの髪の毛、燃堂力のケツアゴなど、全く違和感のないその再現度は、撮影現場を訪れた原作者、麻生周一も「違和感がない!奇抜な格好に負けない素晴らしいキャスト達のおかげで僕の不安は晴れました! あとは公開を待つだけ! 楽しみです!!」と太鼓判を押すほど。

本作でコメディ映画初主演となる山﨑は「念願の福田組でお芝居できたことがものすごく楽しかったです。笑いを堪えるのが地獄でしたし、表情筋がバグりそうになったこともありました。人を笑わせることがどれだけ、難しいことか思い知りました。今までにない初めてのジャンル、 今までにないお芝居に挑戦できたと思います。キャストの方々、最高です。スタッフの方々、最高です。とにかく笑い、楽しむ事が一番だということを僕は感じました。是非皆様にも劇場で笑い、ハッピーになってもらいたいです」とコメント。

橋本は「“宇宙一可愛い”というキャッチコピーがあるのに、表に出ない心の声がすごいという、ギャップが大きい照橋心美を演じるのは難しかったけど、すごく楽しかったです。斉木楠雄が超能力者という何でもありの世界で、福田監督を笑わせたくて、もっともっと面白くしようと考えましたが、他の皆さんが面白すぎて笑いを堪えるのが、とにかく大変でした。山﨑さんとは初共演ですが、斉木が好きだけど気持ちを隠してつきまとうテンションの高い照橋に対して、とにかく冷たい斉木楠雄という今までにない山﨑さんが見れます(笑)でも、山﨑さん始め、初日からこんなにもボケるのか、と言うぐらい、キャスト全員がハジけていますので、是非楽しみにしてください!」と、

賀来は「窪谷須役で出演する事になりました、賀来賢人です。福田さんの世界観と、「斉木楠雄のΨ難」の世界観が絶妙にマッチした映画になっていると思います。共演者の皆さんもとても楽しく、特に山﨑賢人君は天使みたいな男の子で、連れて帰りたくなりました。元ヤンのキャラクターということでメンチを切りすぎて顔の筋肉が少々おかしくなりましたが、とても楽しい撮影でした」と語っている。

映画『斉木楠雄のΨ難』は、10月21日(土)より全国ロードショー。

©麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

<関連サイト>
橋本環奈、佐藤勝利を殴るシーンで「感覚的に掴めた」
http://www.entameplex.com/archives/35245

茂木健一郎「素人のくせに口出すんじゃなかった」
http://www.entameplex.com/archives/35387

映画『一礼して、キス』に池田エライザ&中尾暢樹が出演
http://www.entameplex.com/archives/35372