Entame Plex-エンタメプレックス-

女芸人が明かす、ブスには配られない“ティッシュ”とは


3月19日、AbemaTVで『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。
同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

この日は美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、グラビアアイドルの都丸紗也華、自称“ブス”メンバーに、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子、お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子を迎えた。

今回は「ブスにも春は来るのかな?SP」と題して、テーマ「東京に負けたブス」では、街行く人にどんな東京に負けたブスを目撃したのか聞いた。スタジオでは、和歌山県出身のユーチューバー・曽和みゆうが「東京に1週間くらい行ったことがあって、その時お金が全く無くて、キャバクラは日払いでもらえると閃いた。求人を探したら“容姿不問”が結構あったから電話をしたら、『今から待ち合わせて、池袋で面接します』と言ってくれたので待っていた。そしたら前から男の人が歩いてきて、私の顔を見るなり、『用無しですね。お役に立てることは無いです』と言って、帰って行った。面接すらしてもらえなかった」と明かすと、大久保は「やっぱ容姿はいるでしょ」と同情を込めたコメントを返した。

そして、美人コメンテーターとして登場した群馬県出身の都丸も「お店を紹介するキャッチの人を、シカトして歩いていたら、『なんだよブス! シカトしてんじゃねぇよ』と言われて、もう怖くなりました…」と、上京した頃のエピソードを告白した。

続いてのテーマ「ブスなのに、いいんですか?」では、出演者にブスでも良い扱いを受けた瞬間を聞いた。芸人のわたなべるんるんは「街で、夜のお店の案内が入ったティッシュを配っているじゃないですか? あれって、ブスには配られないティッシュなんです。それを配られた時は、嬉しくて『いいんですか!?』と言ってしまった。水商売のお店は、ブスに働いてほしくないじゃないですか? でも私は選ばれた。あのティッシュは、ブスは貰うと嬉しいです」と、満面の笑みで話しましたが、美人コメンテーターの都丸は「(ティッシュを渡されるのは)ウザいです」と返し、スタジオに笑いが起こった。

©AbemaTV

<関連サイト>
女優・柳美稀、実はサブカル系ツンデレ女子だった!?
http://www.entameplex.com/archives/42080

ミラクルひかる“地上波NGネタ”に「さすがだね!」の声
http://www.entameplex.com/archives/41912

岡井千聖「マジムカつきました」放送全カットの理由は?
http://www.entameplex.com/archives/41915