Entame Plex-エンタメプレックス-

EXILE SHOKICHI「元々バンドマンだった」意外な過去告白


AbemaTVは、AbemaRADIOチャンネルにて、お笑い芸人・渡辺直美をパーソナリティに迎えたオリジナル番組『Yabami RADIO』が5月26日に放送された。

同番組では、渡辺と公私ともに渡付き合いが深いというお笑いコンビ・スパイクの小川暖奈、松浦志穂が世の中に溢れている様々な“ヤバイ”もの、いわゆる“Yabami”なモノ・ヒト・企画を、毎週変わるゲストと共に徹底検証する。

この日の放送回のテーマは「ヒップホップに学ぶ“Yabami”なBLACK MUSIC」。ゲストには、EXILE、EXILE THE SECONDのボーカル&パフォーマー・EXILE SHOKICHIと、音楽評論家の丸屋九兵衛が登場した。

ヒップホップとの出会いについて、EXILE SHOKICHIは「中学2、3年生くらいの時に、周りがもうヒップホップではなかったんで。例えば『Grateful Days』とか、Zeebraさんとかから入らせてもらって色々学んでいった」と語り、丸屋さんは「私の場合は『おぉ! ヒップホップと出会った』という考えはなくて、ずっとブラックミュージックを聴いている中で自然にラップがあった。歌う人もいれば、ラップする人もいて、スクラッチする人もいれば楽器演奏する人もいるんだなって」と語った。

また、特に影響を受けたヒップホップアーティストや、楽曲について、EXILE SHOKICHIは「僕、北海道出身なんですよ。だから、北海道ヒップホップみたいなのって文化としてあって。THA BLUE HERB(ザ ブルーハーブ)さんとか、Mic Jack Production(マイクジャックプロダクション)とか、北海道ならではのヒップホップ。B.I.G.JOE(ビッグ・ジョー)さんとかも、めちゃめちゃかっこいいなって」と語った。そんなEXILE SHOKICHIに、渡辺が「ロックとかメタルには行かなかったの?」と質問すると、EXILE SHOKICHIは「僕、元々バンドマンだったんで。ロックやって、メタルバンドとかも組んでたんですよ。“デスボイス”とかも出していた」と答え、あまりにも意外な回答に、スタジオからは驚きの声が上がっていた。

ブラックミュージックを学ぶために、ゴスペルを聴いたり、教会に通ったりしていたというEXILE SHOKICHIは、「10代の頃、R・ケリーにドンハマりして自分もアフロにしたり、キリスト教ではないけど十字架を持って『教会行かなきゃ』と思っていた。みんなと一緒に教会で歌ったりして、身も心も投じていた」とその理由を語り、「でも、その時は(自分の)中身がスカスカだった。25歳の時に初めてニューヨークの教会に行ったときに、『これがゴスペルなんだ』って。泣いてる人とかもいて」と、本場のゴスペルに衝撃を受けた経験を明かしていた。

©AbemaTV

<関連サイト>
EXILE TRIBE 50人が出演! 心温まるリリックビデオ公開
http://www.entameplex.com/archives/43059

EXILE ATSUSHI、ブルーノ・マーズと再会!
http://www.entameplex.com/archives/42743

EXILE AKIRA「めちゃイケ」への感謝メッセージが話題に
http://www.entameplex.com/archives/42481