Entame Plex-エンタメプレックス-

元NMB48りぽぽ「男子と楽しくしている様子を見とけよ」


AbemaTVのオリジナル恋愛リアリティーショー番組『恋愛ドラマな恋がしたい』が、6月2日に放送された。
同番組は、お笑い芸人の渡辺直美、俳優の大野拓朗、福徳秀介(ジャルジャル)、タレントの谷まりあをスタジオMCに迎え、ネクストブレイク期待の若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマでの共演をきっかけに、本当の恋に落ちてしまうのかを追う恋愛リアリティーショー。

全10回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に毎回用意されているキスシーンも演じていく。企画・構成、番組内の恋愛ドラマの脚本を放送作家の鈴木おさむ氏が担当。ドラマ内に描かれている濃密なラブストーリーと様々なシチュエーションでのキスシーンは、「恋愛ドラマの作品として演じているのか?」「それとも恋心が生まれているのか?」視聴者たちもドキドキしてしまうような展開になっている。

第2話では、くじ引きで決められた順番で、男子メンバーが共演相手となる女子を指名することに。
一番のくじを引いたはっしーは、当初から気になると明かしていたこめちゃんを指名。第1話で共に主役に選ばれキスシーンを演じたはっしーが、ほかの女子を選んだことにショックを受けたりぽぽは「私はあまのじゃくなので、“ほかの男子と楽しくしている様子を見とけよ!”と思う」と、密かに闘争心を燃やす。
二番目に女子を指名する権利を得たテジュは、第1話で共演したひめちゃんを逆指名し同じペアでの主役獲得を目指す。
三番目のあがたはりぽぽを選び、りゅうたろうはうみちゃんと共演することに。はっしーは、りぽぽとこめちゃんで迷ったと打ち明けるも「まだ二回目なので一人に決めるよりはもっと他の人も見たい」と胸の内を明かした。

今回の恋愛ドラマのテーマである“幼なじみとの恋”の役作りのため、男子が女子を自分の思い出の場所に案内しデートをすることに。
小学生の頃からテニスを習っていたりゅうたろうは、うみちゃんをテニスコートに連れていき、ラリーに勝つと相手に一つ質問できるというルールで打ち合いを始める。ラリーに勝ったうみちゃんは「好きなタイプは?」「本当はどの女子を選びたかった?」と質問。それに対しりゅうたろうは好きなタイプの女子を「笑える人。さっきみたいにね。」とうみちゃんと過ごす時間が心地よいことをさりげなくアピール。その一方で、「(第一話の共演相手だった)こめちゃんが、主役になれなかったときに泣いていたから、もう一度こめちゃんと共演して勝ちたいと思った」と正直な気持ちも明かした。
それを聞いたうみちゃんは複雑な表情を見せ、スタジオでも「うみちゃんが、見たことない表情をしてる!」と渡辺が驚くなど、うみちゃんの恋が動き始める予感を感じさせた。

ソロボーカリストとしても活動しているはっしーは、毎日歌の練習をしているという音楽スタジオにこめちゃんを連れていき、ピアノでラブソングを弾き語るスタジオデートに臨んだ。

その他、渡辺直美さんがダメ出しをした、あがたの“お化け屋敷からの豪雨デート”や、MC陣からも好評だったテジュの“韓国料理デート”など、男子メンバーたちがリードする場面が多かった第2話。放送を観られなかった方は、見逃した番組をいつでも視聴できる「Abemaビデオ」にて無料で視聴可能。果たして、今回はどのペアが主役の座を勝ち取るのか…6月9日(土)放送の第3話を、ぜひお楽しみに。

©AbemaTV

<関連サイト>
三浦翔平「ずっと言えんくてすまん!」インスタに反響
http://www.entameplex.com/archives/43639

田中圭「おっさんずラブ」はるたんロスに朗報!
http://www.entameplex.com/archives/43622

DA PUMPの新曲「U.S.A.」 渡辺直美ら芸能人も中毒者続出
http://www.entameplex.com/archives/43580