Entame Plex-エンタメプレックス-

中村蒼、『エール』残すところあと2週…心境明かす


俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(毎週月~土曜8:00~)に出演している俳優の中村蒼が15日、オフィシャルブログを更新。
残すところあと2週になった同ドラマへの心境を明かした。

前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した昭和の音楽史を代表する福島県出身の作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルにした夫婦の物語。古関氏をモデルにした天才作曲家・古山裕一を窪田正孝が演じ、妻役のヒロインを女優・二階堂ふみが務める。中村は、裕一の幼なじみ・村野鉄男を演じる。鉄男は、のちに作詞家となり裕一、久志(山崎育三郎)とともに福島三羽ガラスと呼ばれ人気を博す。16日からは、第23週「恋のメロディ」を放送する。

この日、「鐘」と題してブログを更新すると「明日から『エール』また始まります」と告知するも、「僕は一足先に観ましたが…個人的な感想は留めときます。笑 じゃ言うなよって感じですが」とお茶目なコメント。

また、同ドラマも残すところあと2週。鉄男を演じた中村は「作品が終わっていく事に慣れていたはずなのですが1年間も参加するというのは初めての経験だったのでとても寂しい気持ちです」と心境を明かし、「でもきっと残りの話も楽しんでもらえるはず!!」とつづった。

最後は、「心の中で”長崎の鐘”をイメージして。人生初でした」と先日福島に行った時に合間に訪れたというお寺で撮影したオフショットも公開し、「最近また寒さのせいかコロナの感染者数が増えてきましたね。手洗いうがいをこまめに体調管理していきましょう」と注意を呼びかけブログを締めくくった。

この投稿にファンからは「今週の鉄男さんもとっても楽しみ」「最後まで楽しみに拝見しますよっ」「1年間の撮影、大変お疲れ様でした!」「最終回まで鉄男さんの姿を見届けます」「残りのエールもちゃんと見て楽しみますね」「皆さんの思いを最後まで受け取りたいです!!」「皆さん、幸せになってほしいものです」「素敵な作品を視聴させていただきありがとうございました」などの声や、「あと2週間でエールが終わってしまうのがとても寂しいです!」「終わるの本当に寂しいなぁ」「本当に寂しくなります」「まだまだ鉄男さんが観たい」「あと10回で終わってしまうなんて、信じられません!どっぷりと「エール」につかってます」と“エールロス”の声も多く寄せられている。

<関連サイト>
中村蒼、ファッションは「なんとも不得意な分野」
http://www.entameplex.com/archives/58820

中村蒼 舞台『MISHIMA2020』吉雄スタイルとスーツ姿披露
http://www.entameplex.com/archives/58561

中村蒼、『エール』森山直太朗との2ショット公開!
http://www.entameplex.com/archives/58381