Entame Plex-エンタメプレックス-

前野智昭、過去にやらかした“秘密”を暴露!


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は21日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 月【安元洋貴×前野智昭】#10』を放送した。

本放送では、「Mondayアダルトーク」を実施。視聴者に、安元と前野に話してほしいトークテーマのアンケートを行い、投票の多かったテーマでフリートークをしてもらった。アンケートの結果、最初のテーマは「誰にも言えない“大人の秘密”は?」に。すると安元が、「ウマ娘を今更初めたんですよ」と切り出し、「競馬からしばらく離れてたんだけど、ウマ娘に大好きだった世代の馬がばんばん出てくるのよ」「それがいかん!溶かした~」と大金を課金したことを恥ずかしそうに暴露。「育成ゲームで終わりがないのもあるし」「大人だから溶かせちゃう(課金できちゃう)」と“ウマ娘”にどハマりしていることを明かす。

一方の前野は、「スロットとかパチンコにお金を使ってたことがありましたね」「親父がパチンコ好きで、絆を深めてくれたひとつっていうのもあって」と父親との思い出とともにパチンコにハマっていた過去を明かし、安元は前野へのイメージとの違いに驚く。さらに、「なけなしの3000円で一発勝負に行きましたけど、外して恵比寿公園で寝たことがありましたね」と悲しそうに20歳のときの苦い思い出を暴露した前野。「今では笑い話で話せるようになりましたからね」と振り返る前野に、安元も「青春してますね~」と笑う。そして、お互いに大人の嗜みを楽しんでいたことを明かした2人は、若かりし頃の思い出話に花を咲かせつつ、「最近はそういうことをしなくなったね」とがむしゃらだった時代を懐かしんだ。

続く「今一番欲しいものは?」というテーマでは、前野が「自分にないバイタリティを持ってる方に憧れを抱いてて、攻めの姿勢が欲しいなって思います」と回答。「性格的に開放的な感じになれない」「忖度だらけですから」と話す前野に、安元は「前野さんは我慢しちゃう側の人だもんね」「気をつかっちゃうのもあるんじゃないかな」と分析した。また、自身を“陰キャラ”だと話す安元と前野は、攻めの姿勢には“陽キャラ”のような積極的なマインドが必要と推理し、結果「陽の力が欲しい」という結論に。そんな話から、“夜あそび”メンバーたちを“陽キャラ”か“陰キャラ”か、属性を振り分ける討論会が勃発。

あくまで2人の独断と偏見により、「昴(木村昴)と宗悟(仲村宗悟)は陽キャで間違いないな」「ちゃんさん(浪川大輔)は陰だと思うんだよな」「界人くん(石川界人)はどちらかというと陽のふりした陰ですよね」「佑(畠中佑)はパフォーマンスしてるときはめっちゃ陽なんですけど、終わると途端に陰に戻るんです」と分析を楽しんだ2人。フリートークならではの“脱線”トークを楽しみつつ、最後は、「あくまで2人の主観ですから!」「陰キャは陰キャですごい楽しいですよ」と忘れずフォローし、コーナーを締めくくった。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488