Entame Plex-エンタメプレックス-

子どものおけいこ事、一番の悩みはやっぱり費用

0212okeiko01

アクサダイレクト生命保険株式会社は、2013年10月12〜15日の期間において、0〜9歳児までの子どもを持つ25〜44歳の母親2,080人に対し「子どものおけいこ事に関する意識調査」を実施した。

まず、子どもにおけいこ事をさせる上での悩みごととして「費用がかさむ」が58.9%と半数以上を占め費用に関する悩みが圧倒的に多い結果となった。次に、おけいこ費捻出のために工夫していることの質問では、「食費の切り詰め」が36.2%と圧倒的に多く、固定費の見直しについては「通信費の見直し」が12.3%となっており、4月からの消費増税の影響で子どもにおけいこ事は家計圧迫に追い打ちをかけることも予想される。

0212okeiko04

続いて、子どもにかかる月々のおけいこ費は、平均額として0〜3歳児は約7,800円、4〜6歳児は約9,800円、7〜9歳児は約14,600円となり、4〜6歳児以降は年間10万円を超えてくる金額となった。さらに、世帯年収別にみると、家計に占めるおけいこ費の割合と世帯年収に相関はなく平均6.3%であることがわかった。

また、7〜9歳の小学校児童を子どもに持つ母親624人に対し、もっと早くから習わせずに後悔したおけいこ事を聞いてみたところ、上位3位は「水泳」が21.3%「習字」が7.9%「そろばん」「英語・英会話」が共に6.1%となり、その理由を自由回答で聞いたところ「授業で一人だけ泳げなかったから(水泳)」「小学校から英語の授業が始まるから(英語・英会話)」などと、その回答の多くが学校の授業対応を考慮してのものが目立った。

未就学児の0〜6歳児に現在習わせているおけいこ事を見てみると「水泳」が34.0%と最も多く「英語・英会話」の15.9%以外に「習字」や「そろばん」は上位に入らず、小学校にあがり実感した必要なおけいこ事と就学前に習わせているおけいこ事にギャップが生じていることから、貴重な家計から捻出する子どものおけいこ事は、将来の学校生活を見据えて入学前から何を習わせるかしっかりか考える必要があるのかもしれない。

<関連サイト>

楽しく学べる新講座、子どもたちにも大好評 http://www.entameplex.com/archives/6853