Entame Plex-エンタメプレックス-

新社会人に聞いた「銀行に求めるサービス」とは……!?


春といえば、入学や就職など新生活をスタートさせるという人が多いシーズン。公共料金の支払いや給与の振込みなどで、新生活を始めるにあたり、新しく銀行口座が必要になるという人も多いのではないでしょうか? そこで、銀行に関する実態調査委員会は、新社会人を対象に「ライフスタイルやニーズに合わせた銀行選びのポイント調査」を実施。まず最初に、何故新規で口座を開設しようと思ったのか理由を聞いたところ、「給与振込み口座として新規の銀行口座を検討する」と答えた人が70%弱と圧倒的な数字が! 続いて「新社会人なり新たな気持ちで口座を開設したかった」が28.7%、そして「会社からの指定で口座開設をしなければならなかった」が21.9%強という回答結果となった。

今回、さまざまなアンケートをとった中でも、銀行に対する改善要求として最も多かったのは「銀行の営業時間が短い」という声。そのほか、「待ち時間が長い」「ATMが見つからない」などが上位に。そうした多くの声から、新社会人が考える銀行選びの基準は、給与振込先としての機能、営業時間、スピーディーな対応(待ち時間の短さ)、ATMの多さなどがポイントに挙げられ、ATMの数が多いのは、コンビニに設置されているセブン銀行や、郵便局のゆうちょ銀行などもATM拠点数が多い。また、りそな銀行はサークルKサンクスと連携しており、5000箇所以上の設置を行っている。

日経リテール力調査2014で1位の評価を得るなど、個人向けサービスの充実度が高い、りそな銀行:営業サポート統括部の小河原氏は「新社会人に限定したわけではありませんが、りそな銀行が独自に実施している調査でも、同じような結果が出ます。ちなみに、りそな銀行では、全店17時まで営業、支店によっては19時まで営業している店舗もあるんですよ。さらには、年中無休で営業している店舗「セブンデイズプラザ」もあります。また待ち時間に対する取り組みは、総合受付を配置するなどの導線の工夫とクイックナビというシステム導入を併用することで、時間短縮を実現しています。こうした取り組みが評価されて、個人向けサービス(リテール)でナンバーワンという評価を得ることができました。銀行はどこでもあまり変わらないという印象を持っている方も多いかもしれませんが、少し調べてみるだけでも、銀行ごとの特色がみえてくると思います。個人の生活スタイルにあわせて、自分に合った銀行をみつけてください」と語る。

その特色のひとつとして、りそな銀行ではポイントが貯まる独自のポイントサービス「りそなクラブ」を展開。これは、給与の受け取りや積立定期などの取引をするだけでポイントが貯まるという仕組みで、貯まったポイントはパートナー企業のポイント等に交換することができ、買い物などに利用可能となっている。各銀行ごとの特色を比較して、自分のライフスタイルやニーズにマッチした銀行を見つけてみてはいかが!?

<関連サイト>
りそな銀行が選ばれる7つの理由『RESONA CHALLENGE』 http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/mp/landing.html
マリコ様が受付嬢に!? 一日銀行員として業務をする姿に注目 http://www.entameplex.com/archives/19516