Entame Plex-エンタメプレックス-

私が殺人犯です……藤原竜也&伊藤英明W主演で贈る衝撃のサスペンスミステリーが来夏公開


藤原竜也と伊藤英明が初共演&W主演となる映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』が2017年初夏に全国公開されることが決定した。

これは2012年に韓国で制作されたクライムサスペンス映画「私が殺人犯です」を原作に、日本社会性や時代性に照らし合わせ、日本ならではの脚色を加えたサスペンスミステリー。監督は「SR サイタマノラッパー」シリーズや「ジョーカー・ゲーム」などを手掛けてきた日本映画界期待の新鋭:入江悠。

舞台は1995 年。5件の連続殺人事件が起き、それが世間から大きな注目を集めるなか、警察の必至の捜査も及ばず未解決のまま事件は時効に。そこから22年後、一冊の本が出版されたのだが、そのタイトルは「私が殺人犯です」。そこには1995年の事件の犯人を名乗る男の手記が綴られ、犯人も表舞台へと現れたことで世間でも大きな話題に。そして、日本中を巻き込んだその告白はまた新たな事件への呼び水となる。
手記を出版する殺人犯:曾根崎雅人役に藤原竜也。そして、事件発生後から曾根崎を追い続けてきた刑事:牧村航役に伊藤英明。日本を代表する俳優2人が今回初共演となる。

今作の始動にあたって藤原は「入江監督とは以前テレビドラマでご一緒させていただき、才能のある同世代の監督と出会えたことは、自分にとって大変良い経験でした。今回、また監督とご一緒できること、こうした大作感のある映画に参加できることは、大変意味深いことですし、僕も集中して全編通して入りこまなければいけない作品だと痛感しております。伊藤さんとは、共演が初めてですのでとても楽しみです。対峙し合う真逆のキャラクターを演じますので、刺激を受けながら俳優として良い関係性を築きたいと思っております」、一方伊藤は「この度初めて入江監督の作品に携わる興奮と喜びを感じつつ、 アクション等細かい所にもこだわり、一つ一つのシーンに力と情熱をそそいで演じたい。また、時効を迎えてしまったという刑事の無念さを表現していきたいと思います。今回初めて共演する藤原竜也さんをはじめ素晴らしいスタッフと共に良い作品作りをしていきたいと思っています」とコメント。
また監督の入江も「この映画の企画を実現するのに、約2年半をかけ脚本は37稿の改訂を重ねました。映画の精度と質を徹底的に高めるためにディテールを叩いては壊し、また積み上げていく作業にそれだけかかりました。 主演は日本を代表する俳優のお二人、藤原竜也さんと伊藤英明さん。お二人がこの映画の中で生きるキャラクターをどう演じてくださるか、今からとても楽しみです。キャスト、スタッフの皆さんと熱い夏の撮影を精一杯駆け抜けたいと思っています。緊張感みなぎる新しいサスペンス映画の誕生にご期待ください」とメッセージを寄せている。

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』は今月クランクインし、9月にクランクアップ予定。公開は2017年初夏を予定している。

©2017 映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」製作委員会

<関連サイト>
古畑星夏、映画『L-エル-』に出演決定! 主演の広瀬アリスとの共演に「現場はとても楽しかった」
http://www.entameplex.com/archives/30336

高木里代子、セクシー投稿でガガ様に対抗意識!? 「“強めのオンナスイッチ”、入れてみた」
http://www.entameplex.com/archives/30364

伝説企画『帰れま10』が禁断のガチ生中継! タカ「この辛さを一部始終お見せできる時が来た!」
http://www.entameplex.com/archives/30329