Entame Plex-エンタメプレックス-

柴田阿弥アナ「炎上怖くて、発言を躊躇ってられるか!」


AbemaTVのニュース番組『AbemaPrime』が2月13日に生放送された。

この日の放送回では、2018年秋に名古屋の民放テレビ局・東海テレビの現役社員が制作し、テレビ報道の“裏側”を生々しく描き出し話題を呼んだドキュメンタリー『さよならテレビ』の監督・圡方宏史をゲストに迎え、テレビ局が抱える問題やその存在意義と未来について議論した。

圡方監督は「報道とかメディアって、問題のあるものを視聴者の代わりに見に行って、それを皆さんにお伝えするのが仕事だと思っている。でもテレビに関してはやらない。それは単純に『自分たちは身内だから』っていう理由だけだろうな、と思って。それが気持ち悪いと思っていたところに、『東海テレビのドキュメタリーのテーマに、タブーはない』とプロデューサーが言ってくれていたので、『だったらテレビ局のドキュメンタリーを作りたい』と思って作りました。実際に現場で起きていることを1年7ヵ月取材して、そこから見えてきたテレビの現状を映しただけなので、それに対して、どうしたらいいか?という答えはセットになっていない」と経緯を説明。

これに対し、本番組のMCを務めるふかわりょうは、「私、拝見しまして。もう最高の一言なんですね。ただ、危惧する部分、懸念する部分としては、今テレビが弱っているだけに、テレビをこてんぱんにしようという人たちが、都合よく解釈し、彼らに栄養を与えるのではないか?という。私はテレビ大好き人間。テレビに憧れ、テレビの中に入りたい、テレビラブな人間なので、そっちを心配する気持ちが今強いです。勿論、乱反射するし色んな理解ができるという意味では、さっきの『最高』に繋がるんですが…。メディア自体も反省すべき部分や、軌道修正するべきものはあります。ただ、今簡単に批判できるのはテレビなんです。だから作品は大好きだけど、、そういう人たちに栄養を与えてしまうのでは?と、テレビの今後が心配になってしまいました」と “テレビ批判”が渦巻く現状に懸念を示した。

また、特集の後半には、“これからのテレビ”について議論を展開。ゲストコメンテーターとして出演した動画制作会社Hariver代表の帳江泰之は、「今のテレビは打たれ弱くて、結局何をやりたいのか分からなくなってきている状況。だけど今、『“本当にテレビをやりたい”と思って入ってくる優秀な社員、志を持っている社員がどれだけいるか?』って言うと、意外と少ないと思います」と持論を
述べ、そういった志を持つ人材がどこに流れていっているのかと問われた際には「間違いなくIT、ネット界」と断言した。

これに賛同するようにふかわが「それこそ今、『エガちゃんねる』が百何十万人登録。ああいうものを考えると、いわゆる深夜番組とか、閲覧数でいうと相当な数がいってるわけですよね。そうなると、テレビ局に入らずとも、ああいう動画コンテンツが作れる」と、お笑い芸人の江頭2:50さんが開設して話題を集めるYouTubeチャンネルを引き合いに出し、組織に属さずとも個人で立ち上げることができるネットメディアについて言及。

ここまでの討論を受け、番組アンカーを務めるアイドルグループSKE48の元メンバーでフリーアナウンサーの柴田阿弥は、「確かに(『さよならテレビ』を)20代の視聴者が見たら、これはネット見ちゃうかな…って。でもやっぱり、昔NHKしかなかった時はNHKしか見ないって言われて、今はそんなことはないですけど。災害の時はNHK見ますし。どちらも共存していけると思いましたけどね。あと、アナウンサーとしては『炎上するのが怖くて、発言を躊躇ってられるか!』って思って」と率直な感想を述べていた。

©AbemaTV

<関連サイト>
柴田阿弥アナ、4千万円貢がせたホストに「クソだな」
http://www.entameplex.com/archives/54327

“神コメント”のトラウデン直美、『褒める教育』に持論
http://www.entameplex.com/archives/54297

弘中綾香アナが挑戦した“詐欺メイク”に反響「天使」
http://www.entameplex.com/archives/51240